明智光秀公 産湯の井戸

 

明智光秀産湯の井戸

 

明智城が宝治元年(1247年)に築城された頃、西南にあたるこの千畳敷台地に砦を築いと伝えられる。千畳敷砦は、いざとなれば明智城の前線基地となっていた。この明智町市街地の南側にある千畳敷公園には、「光秀公産湯の井戸」
残っている。

 

光秀公学問所(天神社)

 

 

 

 

明智町万ケ洞にある天神社は、明智光秀公が若かりし頃、京都嵯峨天竜寺の雲水・勝恵という学僧を招き、ここで学問所に精進したと言われている。祭神は菅原道真公であり、京都北野の天満宮からの分祀と伝えられている。

 

 

光秀公手植の楓

 

明智光秀 手植えの楓

 

万葉の歌人、柿本人麻呂を祭神とするこの社殿(柿本人麻呂社)にまつわる伝承は口誦であって詳細は不明であるが、伝承によれば、文武を志す明智光秀公が学問所には天神を、八王子神社には人麻呂を祀り、社前に紅葉(楓)を手植したと伝えられている。この社殿には明智氏の家紋である桔梗紋が彫られ、大和絵風の歌聖柿本人麻呂朝臣の画像が祀られている。

 

 

光秀公供養塔(龍護寺)

 

 

 

 

 

遠山氏累代の墓所

 

遠山氏累代の墓1

 

遠山氏累代の墓2

 

龍護寺境内の西側には岩村、苗木とならぶ遠山御三家の明智遠山氏累代の墓所がある。代々大名の立派な石塔が並ぶ姿は遠山氏の隆盛をしのばせます。

 

於牧の方の墓所

 

 

 

 

 

明智光秀ゆかりの地マップ

 

▲